PhotoMusic®

写真を読み込ませるだけで、写真の特徴に合った音楽を自動生成して、スライドショー動画を作成できるソフトウェアです。

Photo by Chihiro Minato

PhotoMusic®2.0

PhotoMusic2.0は、2016年に発表したPhotoMusic1.0から大幅に機能、操作性の強化を行いました。その結果、写真と音楽を組み合わせた新しいジャンルの芸術的な作品が作れるようになりました。例えば、以下の京都芸術センターで開催された「ニュー・ファンタスマゴリア」での20の作品を御覧ください。

PhotoMusic®の特徴

写真から音楽を自動生成

特許取得済みの音楽自動生成アルゴリズムにより、写真(画像)の色彩などを解析して、音楽を自動生成します。そのため写真の色彩的特徴を反映した音楽が作られます。写真は7色に分解され、7つの楽器(音源)と対応しています。さらに、楽器やビート、テンポ、各種のパラメーターを変更することで、より多様で自分の感覚に合った音楽を作成することができます。

音楽のロイヤリティ(著作権)の心配が不要

無音のスライドショーはインパクトがありません。現在のスライドショーには音楽は不可欠です。しかし、既存の音楽を使用するには、著作権の使用許諾が必要だったり、スライドショーに合った音楽を選択する手間も大変でした。PhotoMusicで自動生成された音楽は、ユーザーが使用した写真を変換したものなので、ユーザーが自由に使うことできます。
※写真がユーザーの著作物でなかったり、権利保持したものではない場合は除きます。

写真、色彩、楽譜、音楽による多彩なスライドショー

PhotoMusicは、写真を図形楽譜に変換し、図形楽譜から音楽を生成しています。メイン画面に表示される色分けされた図形楽譜は、音を視覚的に表現しているため、音楽の特徴の直観的な理解を促します。また、写真の色彩的特徴から生成される様々なエフェクトが用意されており、今までにない写真、色彩、楽譜、音楽を組み合わせた多彩なスライドショーを制作することができます。

動画共有サイトやSNSで公開

作成したスライドショーは、動画ファイル(MP4、WMV)に保存することができます。YouTubeやVimeoなどの動画共有サイトやFacebookやTwitterなどのSNSに投稿して、仲間や世界中に発信することができます

各分野の専門家、芸術家との共同研究によって開発

写真、色彩、音楽、デザインなどの各分野の専門家との共同研究により、新しいスライドショー表現を実現するPhotoMusicが完成しました。写真家・著述家の港千尋 多摩美術大学教授やミュージシャンのDOZAN11(旧名 三木道三)など著名な芸術家も多数参画しています。

 

 

「PhotoMusic」は、クラウド・テン(株)と(株)ビジョナリストの登録商標です。

ブログ

「ニュー・ファンタスマゴリア」上映作品をYouTubeで一挙公開

PhotoMusic®2.0リリース連動企画 「ニュー・ファンタスマゴリアースライドショー新世紀」オンライン上映 多くの方にご来場いただきました2017年7月13日(木)~7月16日(日)まで、京都芸術センターで開催され …

PhotoMusic®2.0リリース開始

PhotoMusic1.0を大幅に強化したPhotoMusic®2.0のリリースを開始しました。 アルペジオ、主旋律、4オクターブなど音楽の表現力を大幅に強化。新たなビートパターンも追加 音楽に合わせて変化する画像エフェ …

PhotoMusic® 2.0 ベータ版のインストール不具合修正

PhotoMusic® 2.0ベータ版のリリースパッケージに不具合があり、プログラムを起動した時に、 「音源ファイルがありません。プログラムを再インストールしてください。プログラムを終了します」 という警告メッセージが出 …

PhotoMusic® 2.0 ベータ版提供開始!

本日よりPhotoMusic® 2.0のベータ版をリリース致します。 「PhotoMusic2.0ベータ版」ページからダウンロードして下さい。なお、こちらからダウンロードできるプログラムには、一部に機能制限が掛かっていま …

PhotoMusic® 2.0 プリベータ版提供開始

長らくお待たせ致しましたが、間もなくPhotoMusic® 2.0のベータ版をリリースする予定です。 それに先立ち、PhotoMusic 1.0の登録ユーザーの皆様方向けに、本日PhotoMusic® 2.0の「プリベー …

PAGETOP
Copyright © Cloud10 All Rights Reserved.