http://www.kac.or.jp/events/21522/

https://www.facebook.com/NewPhantasmagoria/

日時:2017年7月13日(木) – 7月16日(日)
10:00~17:00  ※13日は19時まで。14-16日は祇園祭のため、17時で閉館します。

場所:京都芸術センター フリースペース

 

最新のソフトウェアで立ち上がる「ニュー・ファンタスマゴリア(新しい幻燈会)」!

KAC TRIAL PROJECT / Co-Program 2017 カテゴリーC「共同実験」(リサーチ、レクチャー、ワークショップ等)採択企画

独自開発したソフトウェアを用いて、スライドショーに新たな光をあてる上映会を開催します!

ファンタスマゴリア(幻燈会)と呼ばれる、マジック・ランタン(幻燈機)によるスライド(静止画)を用いた上映会は、19世紀のジオラマやパノラマのような視覚的アトラクションとともに流行し、映画の前段階のメディアと考えられています。一方、より表現形式の近いスライドショーはエンターテインメントやアートのメディアとしては充分に普及しませんでした。

しかし、2000年以降、デジタルカメラやスマートフォン、SNSの隆盛により、新たなスライドショーの歴史が始まろうとしています。静止画と動画の区別は限りなく消失し、大量に撮影された写真の鑑賞方法や芸術作品の表現として、スライドショーに新たな光が当たっています。今、スライドショーを再考するとともに、新しい幻燈機(ソフトウェア)を開発し、画像と音楽、視覚と聴覚が交感・連動するスライドショー作品の上映によって「ニュー・ファンタスマゴリア(新しい幻燈会)」を開催します。