AMP(Ambient Media Player)は、環境や空間に溶け込む、新しい視聴覚体験を提供するサービス事業のアイディアとして、パナソニック アプライアンス社 新規事業創出アクセラレータープロジェクト「Game Changer Catapult」から誕生しました。

AMPはインテリアとしてのハードウェアと空間価値によりそうコンテンツの組み合わせによって、空間や時間をいろどるサービスです。現在は、β版モデルを多くの方に体験いただき、ともに創る仲間やお客様とのつながりづくりのため、様々な場所で実証実験を行っています。現在、音楽自動生成スライドショーシステムPhotoMusicによって制作された作品をHOTEL ANTEROOM KYOTOにて上映しています。

PhotoMusicは、画像の色から音楽を自動生成し、スライドショー動画を作成するシステムです。このシステムでは、色と音の対応、視覚と聴覚の共感覚的対応をさせることで、感覚の連動、交差、増幅などの相乗効果が起きるコンテンツが制作できます。

今回は、2017年7月に京都芸術センターで開催された上映会「ニュー・ファンタスマゴリア」において発表された、14組13人のアーティストの作品をはじめ、PhotoMusicを使って制作した計20人、24作のスラドショー動画作品を上映しています。

「ファンタスマゴリア」とは、19世紀にヨーロッパを中心に流行したスライド上映ショーですが、その際すでに音楽が同時に鳴らされており、映画やテレビに先行する視聴覚メディアでした。現在は19世紀にも劣らない視聴覚メディアの勃興期と言えます。急速なデジタル技術の進化によって、スマートフォン、高精細モニターなどの新しいデバイスや、アプリケーションなどのコンテンツ、それに伴う視聴覚体験の刷新が始まっています。

いま、AMPという空間に溶け込む新しいデバイスと、PhotoMusicという感覚連動をするシステムによって創り出された新しいコンテンツが、アートとホテルが融合するHOTEL ANTEROOM KYOTOにおいて、どのような化学反応を引き起こし、新たな環境を作り出すのか、是非ご鑑賞いただけましたら幸いです。

 

上映期間2018年11月20~12月15日

HOTEL ANTEROOM KYOTO

https://hotel-anteroom.com/

 

ホテル アンテルーム 京都

〒601-8044 京都府京都市南区東九条明田町7番

JR京都駅八条東口より徒歩15分

地下鉄烏丸線九条駅より徒歩8分(4番出口を烏丸通南へ直進、烏丸札ノ辻交差点を右折、30m直進左手)

東寺まで徒歩18分

 

AMPのWEBサイト

http://gccatapult.panasonic.com/ideas/amp-world.php